これからアパート経営を始めようかと検討されている人の為に安定的な運用の為に知っておきたいアパート経営に関する情報を集めてみました。

アパート経営と不動産所得と税金面については絶対に頭に入れておかなければならない

アパート経営をするということは「不動産所得」を得るという事になるでしょう。このことが、税金として負担に感じてしまうのではないかと不安に思っておられる方もいらっしゃるようです。しかしながら、アパートを経営するという事は、先のような事柄についても良い方向へと作用してくれるのです。

今回は少し具体的に見ていきましょう。

■不動産所得について
不動産投資によって得た収入は、お仕事をされている方ですと給与所得とは別に「不動産所得」として申告する義務があります。この不動産所得は、家賃収入を指します。

■不動産所得が節税になるのか否か
アパート経営において不動産所得を得た。その上で、年間収支が「計算上」で赤字になってしまったという場合に際しては、給与収入と損益通産をして確定申告をすることによって節税効果を得られるのです。なぜなら、「所得税の還付請求」をすることができるからです。

さらには、所得税の納税額をもとに算出がなされている住民税においても同じく節税をすることが可能となっています。これは、アパート経営をする大きな魅力の1つといえるのではないでしょうか。注意点はいくつかありますが、それらを踏まえておけばより安心できる環境でアパート経営をしていただけるといえます。

■具体的アドバイスも受けられる
仲介業者やコンサルティング業者などを取り入れていくことによって、税金面においてのアドバイスもしてくれるところが多くなっています。もし、分からない場合には相談をしていくとよいでしょう。

■自ら行う必要があることも忘れずに
確定申告は、会社員の方でも家賃収入は自らが申告をしていただくこととなります。これは義務となっていますので、必ず行うようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ