これからアパート経営を始めようかと検討されている人の為に安定的な運用の為に知っておきたいアパート経営に関する情報を集めてみました。

アパート経営は安定的に運用できるものなのか

アパート経営を始めたい。そのように考えていらっしゃる方も増えつつあります。以前においては、特別な人が行うことと言うイメージがありましたが、今では会社員の方でも不動産投資の1つとしてアパート経営を始めているケースが多いのです。そこで、今回は行うことについてのメリットについて触れていきましょう。

アパート経営は安定的に運用できるものなのか

■実物資産が残るという事
例えば、分かりやすい株式などを例にとって考えて見ましょう。これらは、会社が倒産をしたなどとなった場合、そこまで費やしてきた資金などはゼロとなってしまいます。時代背景を考えると、先のような状況になるのも不思議なことでもないでしょう。

情報源★アパート経営 リスク http://www.kenyonpowerboats.com/

アパート経営の場合、購入したアパートという購入をした「物件そのもの」の資産が残るのが大きな魅力ともいえるでしょう。

■老朽化してもその価値はあるのか
アパートなどという建物の場合、年を重ねると老朽化問題がでてくるでしょう。老朽化をしてしまうと、価値がなくなってしまうのでは・アパート経営も上手くいかないのではと思われるかもしれません。しかし、建物そのものの価値がなくなってしまったとしても、土地には何ら問題はありません。

要するに、投資購入した価値がゼロ問いなることはまずないという安定的な魅力が考えられるのです。初心者の方でも行いやすい不動産投資の1つともいえるのではないでしょうか。これが、近年での人気の理由ともなっているのです。

■安定的な運用が出来る
このように、アパート経営は資産を運用する・投資をするなどという場合においても向いているスタイルと考えることができるかと思います。初心者向けセミナーな仲介業者などといった存在もありますので活用してみてはいかがでしょうか。

◆アパート経営は節税対策になりうるのか考える
アパート経営を行いたいという方の中においては、その利点というものを考えてはじめられる方も多いのではないでしょうか。運用として考えたとき、非常に有効的な手段だといわれているものの1つなのですが、今回は税金対策として行うアパート経営の魅力にも触れておきましょう。

■節税対策になる?
不動産を相続した・贈与されたなどという方もおられるでしょう。となると、税金を課せられるという事となります。土地によっては、かなりの金額となることも充分に考えられるのです。先のようなケースの場合、時価ばかりではなく、固定資産台帳や路線価などから算出した評価が課税の対象となるのです。

ということは、納める税金の額を節約することもまた可能であるという事が出来るでしょう。

■具体的数値を見てみよう
アパート経営の場合をケースに具体的な数値を見ていきましょう。建物の場合は、約50%~60%。土地の場合は、公示地価の80%。賃貸の場合は、評価額からさらに30%が控除されます。これらの数字を見ていただくとお分かりのように、現金と比較をすると1/3程度の評価となるのです。

■一石二鳥のアパート経営
これでお分かりかと思いますが、税金を押さえられた上にアパート経営ですから家賃収入というものも得ることが出来ます。
これは、アパート経営だからこその魅力といえるのではないでしょうか。相続・贈与されたものを有効的な活用したいなどという場合においても、取り入れやすい方法の1つという事が出来るでしょう。

■税金と経営
このように、税金という部分に焦点をあてて考えてみましたが、メリットが大きいということがいえるでしょう。節税対策を考えているという方は、このような方法も検討されてみてはいかがでしょうか。

最新投稿